枕選び

枕の選び方って?|質の良い睡眠を手に入れる基礎知識

毎日使う枕は、質の良い睡眠と身体の為にも体に合ったものを選ぶことが大切です。しかし、枕といっても種類がたくさんあるので

  • どんな素材がいいの?
  • どんな高さがベストなの?
  • 大きさはどれくらいのを選べはいいの?

なんて、よくわからない人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは枕の選び方についてご紹介します。
自分にあった枕選びの参考にしてくださいね。

枕はどうして必要なの?

背中を壁につけると、首筋や頭と壁の間にはすき間が生まれるのが自然な状態です。寝ている時もその自然な状態を作り出すために枕は必要とされています。

立っている時を横から見ると頭、首、背中の位置がちょうどS字カーブを描いているのが分かります。

枕はそのS字カーブの間を埋めることで寝ている時も自然な状態を作っているんですね。

枕が合っていないとどうなる?

枕の高さがあっていないと体に負担がかかりやすくなって、質の良い睡眠をとることができません。

朝起きて体の一部が痛いとか、朝起きてもなんとなーくすっきりしないのはそういった間違った枕を使用してる可能性があります。

具体的には、あごが上がっている状態の枕だと、あごが当たって首筋の筋肉に余計な負担がかかってしまうので「寝違えた」状態になってしまいす。

枕全体が高すぎる状態では、首筋が圧迫されて呼吸しにくい状態に。

反対に低すぎる枕を使うと、肩や首に負担がかかりやすくなるので安定した睡眠をえることができません。

自分に合った枕選びのポイント

ポイント1,寝る時の向きを確認する

実際に枕を選んでいくときに確認しておきたいのが、自分が普段寝ている状態を家族に聞いたり、起きた時にいつもどんな体制で寝ているのかを知っておくとよいでしょう。

それは、仰向けやうつ伏せ、そして横向き専用などのいろいろな種類の枕があるので事前に自分がどんな体制で寝ているかをあらかじめ確認しておくと枕選びがスムーズになります。

ポイント2、直観的な判断が大切

枕選びで大切なのは、実際に寝てみて直観的に良いと思った枕です。

触った質感、大きさ、フィット感などあなたが直観的に良いと思った枕であれば、「質のよい睡眠がとれそう」「寝つきが早そう」とプラス思考で毎日の睡眠をとれることにつながるからです。

枕は毎日使う眠りのパートナーですから、見て触ってよさそうと思えるかが大切なポイントなのです。

ポイント3,自分の好きな素材を使う

枕を実際触ってみてどういう風に感じるを左右するのは、素材の違いです。

素材によりメリット・デメリットは色々ですが、一概にどれがよいというのはなく、「好みの問題」が大きいのです。次からは、枕に使用される主な素材別のメリット・デメリットをご紹介するので参考にしてみてください。

素材 特徴 メリット デメリット
極小ビーズ 発泡ポリスチレンの小さな粒。独特の触り心地で、クッションや抱き枕にも使われます。 流動性に優れ、頭の形によく馴染みます。体圧分散性にも優れています。 変形しやすい場合があります。
パイプ素材 ストローを細かく切ったような形状の素材。大きさや硬さなどさまざまな種類があります。 通気性がよく、耐久性にも優れています。寝返り時のフィット感があり、体圧を分散する効果もあります。 大きさによってはごつごつした感じがあり、寝返り時に耳元で音がする場合があります。
ポリエステルわた素材 わた状の人工繊維でクッション性があり、使い始めからすぐに柔らかな感触を楽しめます。 しっとり柔らかな枕が好きな方におすすめ。伸縮性に優れボリューム感もあります。人口繊維なので洗うことも可能。 使用年数がたつと弾力性やボリューム感が失われてきます。
そばがら 日本古来から使用され、高温・多湿の気候に向いている素材です。 通気性・放熱性に優れ、余分な汗の吸収もします。固めの枕が好きな方におすすめ。 夏場などに高温多湿の場所に長期間保管すると虫がわく場合があります。
低反発素材 ゆっくり沈み込み、肩から頭をしっかりホールドしてくれます。 柔軟性に優れ、使い方の体型に合わせて形状が変化。そのため高いフィット感が特徴です。 使用年数がたつと弾力性やボリューム感が失われてきます。
羽毛・羽根 水鳥から採取した素材で、空気を含んだふんわり感があります。 復元力があり、天然素材の中ではへたりにくいといえます。吸放湿性にも優れています。 品質によっては独特のニオイを感じる場合があります。

 

ポイント4、実際に寝て枕の高さを確認する

素材をもとに自分が気に入りそうな枕の特徴をつかんだら、次は実際に試して高さが自分に合っているかをチェックします。

ちょうどいい高さを判断するには、

①仰向けに寝た時に目線が真上を向くのではなく、真上から少し(約5〜10度)下がっている状態になっているかどうか。
②横から見て頭と首筋にすき間がなく、首にピタッとマッチしているか。

自分ではわからないので友達や店員さんにみてもらうのがいいでしょう

頭と首の間に枕がピタッなるには、いきなり頭を枕のに乗せるのではなく、最初は枕の下の位置に頭を乗せて、徐々に中心にズラしていきます。そして、両方の手で枕をもって下半身の方に引っ張りながら枕をずらしていきます。
そうすると頭と首にしっかりホールドされるのでおススメです。

寝ている体制に合わせる

人によっては仰向けがいいとか横向けが寝やすい、うつ伏せが落ち着くなど寝ている体制は様々ですが、ここでは寝ている体制について解説していきます。

●仰向けの場合
枕は頭と首のS字カーブを、寝ている時もサポートするためのものです。ただ頭をのせるだけの使い方はしっかりホールドしてくれません。枕に肩口があたるくらいにして頭を乗せるのが正しい使い方で、後頭部から首筋にかけての全体で頭部を支えるように意識しましょう。

●横向き時の場合
横になった時に肩に体重がかかってないかを確認しましょう。肩に重みがかかってる場合は、枕が機能しているない可能性があるので、他の枕を試してみてください。ちなみに抱き枕を一緒に使うと身体への圧力が分散されるのでおすすめです。

●うつ伏せ時の場合
両手を枕の下に入れて頭や首に重さがかかっていないかを確認しましょう。
その体勢から手を前に出して本を読んだりしてみるなどして首や頭の状態をチェックするのも有効です。

ポイント5,数多くの枕を試してみる

以上枕について簡単にご紹介しましたが、自分にとって「これだ!」という枕が見つからない場合は、全く違う視点で様々な枕を試してみることをおススメします。

枕選びで大切なことは、とにかくいろいろな枕を試してみることが重要です。
1回の来店で決める必要がなく2度3度と試した上で決定する方がいいかと思われます。また、1つのメーカーや1か所の店で決めるのも同じです。枕は人生の3分の1の時間を過ごすともいわれているので、枕選びは納得できるまで試してくださいね。